« 大雪そして雪かき | トップページ | 自分の身の丈に合った目標 »

2014年2月10日 (月)

メッシのフェイント?

当WEBサッカースクールでは、ドリブルに必要な技術とコーディネーション能力に特化したメソッドを提供しています。

その中には、リオネル・メッシが持つドリブル技術も含まれており、なぜあれほど簡単にディフェンスをスルスルと抜いていけるのかも解説し、誰もが実際に動作できるように指導しています。

そこで今回は、検索フレーズランキングにもあがった「メッシのフェイント」についてお伝えしていきます。

まずメッシのフェイントですが、私個人の意見としては「メッシはフェイントをほとんど使っていない」という結論にたっしています。

世間の方々はどのように感じているのか分かりませんが、フェイントというよりは「駆け引き」と表現した方が良いかもしれません。

それでリズムとかサンバとか出てくるわけですが、ちまたで出回っているモノはほとんどが外れです。

では当WEBサッカースクールはどうなのかというと、かなり良い感じで効果を出すことができています。

でも日々のトレーニング無しには習得できるものではないので、上手くなるために日々トレーニングすることができない人には難しいメソッドかもしれません。

サッカーが好きならば、上手くなるために何でもできるものと思いますが、大抵は高校生あたりからそういった感情が芽生えるものと思います。

もし、こうした感情を幼少期から持っているお子さんがいれば、それはある意味「才能」だと思います。

また、当メソッドが推奨している「フェイントではない駆け引き」を短期間でモノにできるチャンスでもあります。

いまだフェイントでディフェンダーを抜けると思っている方は、このブログを読んで、「駆け引き」について学んでいただけたらと思います。

多くのディフェンダーはボールを持つ選手の「あるもの」を判断基準にして守備をしています。

それを上手く活用することで、フェイントではなく、駆け引きで相手を騙して抜き去ることが可能となります。

尻餅をつかせたり、転倒させるといったことも可能です。

フェイントだけではこのようなことはできません。

ぜひフェイントではなく、駆け引きを学んでみてください。

|

« 大雪そして雪かき | トップページ | 自分の身の丈に合った目標 »